UTMリンクビルダ

AdRollのクロスチャネルアトリビューションダッシュボードでは、コンバージョンや収益のアトリビューションをすべてのチャネルを見渡して確認することが可能です。

このUTMリンクビルダは、トラッキングしたいチャネルすべてに簡単にパラメータをタグ付けできるツールです。

モジュールの特長

UTMリンクビルダにはマクロサポートがついているため、各フィールドに対応した適切なコード部分を動的に自動追加します。

例えばお客様がFacebookを選択した場合、ビルダがコード部分を「広告キャンペーン名」([campaign_name]のなどのように表示)のフィールドに挿入し、動的にそのフィールドに対応する情報を引き出します。

utmlinkbuilder.gif

フルファネルを駆使したマーケティング活動

ご利用のチャネルに対するトラッキングのセットアップ方法はUTMリンクビルダで説明します。

お客様は以下2点のみご準備ください:

  • 弊社のAdRollピクセルをお客様サイトに設置。
  • UTMを作成し、適切なプラットフォームに設置。

新しいUTMの作成方法

  1. 左側のナビゲーションメニューの「測定」でUTMアトリビューションをクリックします。

    UTM_Attribution.png

    クロスチャネルアトリビューションをまだ設定していないお客様には、セットアップチェックリストの画面が表示されます。タグ付け開始UTMリンクビルダの順にクリックするとポップアップモーダルからUTMリンクビルダにアクセスできます。

    UTMbuilderFromChecklist.gif

    また、UTMリンクビルダはUTMアトリビューションダッシュボードからもアクセス可能です。画面右上角の新しいUTMを作成をクリックしてください。


    CreateNewUTM.gif

  2. UTMリンクビルダの画面が表示されたら、ドロップダウンメニューでチャネルを選択します。大多数のフィールドは選択されたチャネルに応じて関連マクロを使用し、動的に自動追加されることがおわかりいただけるはずです。ただし、いずれのフィールドも手動で編集が可能です。

    UTMlinkbuilderenter.gif

  3. 操作の完了後、リンクをコピーをクリックし、UTMリンクをクリップボードにコピーし、完了をクリックします。
  4. リンクを作成したチャネルのプラットフォームにログインし、UTMリンクをペーストします。
この記事は役に立ちましたか?