クロスチャネルアトリビューションダッシュボード

クロスチャネルのカスタマーエクスペリエンスをさらに掘り下げて検討する場合、手始めとしてAdRollクロスチャネルアトリビューションダッシュボードの構成要素を使うと便利です。

フルファネルを駆使したマーケティング活動

弊社のオンサイトピクセル経由で収集したデータを活用して、UTMタグを設置したマーケティングチャネルを取り込み、統合レポートダッシュボードにまとめます。

utmdashboard.png

複数チャネルの活用によって発揮される効果を理解し、また成功率の高いカスタマージャーニーを導き出すために計測の活用方法についてヒントを得る上で、大きな一歩となるはずです。

ダッシュボードの機能

AdRollのクロスチャネルアトリビューションダッシュボードでは以下が可能です。

  1. UTMを作成し、お客様のマーケティングプラットフォームで実行。

    UTMlinkbuilderenter.gif

  2. UTMソースの広告キャンペーンすべてを1か所で表示できるようにし、アトリビューションCVアシストCVアトリビューション収益への貢献要素を特定します。

    crosschannelcontributions.gif

  3. 平均注文額や収益、経路の長さからカスタマージャーニーの経路を可視化し、分析します。これにより並行利用に効果があり、かつ訪問者行動に影響を与えているチャネルを把握します。

    crosschannelpaths.gif

  4. 統合したマルチタッチアトリビューションモデルを比較、適用します。これによりカスタマージャーニー全体を把握し、お客様サイトの各ニーズに基づいた功績を割り当てられるようにします。

    crosschannelattrimodel.gif

以下の記事も併せてご覧ください:

この記事は役に立ちましたか?