ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

AdRoll Emailのセットアップ

メール受信トレイはそれ自体がユーザーの関心を引く最高の媒体です。メール配信を使えばサイト訪問者に強力にアピールすることができます。

コンバージョンのアトリビューション設定

まず、AdRollピクセルを利用して訪問者がサイトで登録したメールアドレスを訪問者と照合します。その後、AdRoll Convert広告キャンペーンを通じてメールを配信し、これらの訪問者をリターゲティングします。

 

広告キャンペーンを作成する

  1. 広告キャンペーンタブからEmail新規広告キャンペーンの順に進みます。

  2. 広告キャンペーンの目標を選択します。"Starter Campaign"(スターター向け広告キャンペーン)をお勧めします。

  3. 送信者情報を設定します。メールアドレス、名称、会社所在地を入力してください。

  4. コンテンツをカスタマイズします。Facebookを利用している場合は、AdRollがメールを自動作成します。AdRollで用意したテンプレートを使用して作成する場合は、ロゴやヒーローイメージを追加し、テキストおよびコールトゥアクションを編集します。さらに製品レコメンデーションの追加も可能です(ただしWooCommerceやShopify店舗を利用するお客様、または製品フィードを既にお持ちのお客様が対象となります)。

件名 推奨文字数90文字(スペースを含む)。
プレビューテキスト 最大文字数140文字(スペースを含む)。
ロゴ サイズ制限はありません。配置場所の選択(左側、中央、右側)可。
画像 サイズは600x315としてください。
ヘッドライン 推奨文字数40文字(スペースを含む)。フォントのスタイル、色、サイズ選択可。
本文 推奨文字数90文字(スペースを含む)。フォントのスタイル、色、サイズ選択可。
CTAボタン 推奨文字数30文字(スペースを含む)。フォントのスタイル、色、サイズおよび背景色の選択可。

 

オーディエンスを定義する

広告キャンペーンは初期設定により、自動ターゲティングで運用することになっています。手動ターゲティングはターゲティングするオーディエンスを広告主の判断によって選択することができます。例えば、お客様サイトで売り場のページを閲覧したユーザーにターゲットを絞ると、そのオーディエンス限定したメッセージを送信できます。

 

配信先の除外設定

ドメイン除外

特定のドメインを指定して、そのドメインを持つユーザーへのメール配信を回避することができます。例えばお客様企業のドメインを除外すれば、社員へのメール配信を控えることができます。

CRMファイルを使った除外設定(管理者のみ)

この機能を利用する場合は、管理者によるCRMファイルのアップロードが必要です。

 

価格設定

AdRoll Emailではパフォーマンスによる価格決定モデル、クリック単価(CPC)によって価格を決定します。当サービスでは1クリックあたり$1を課金します。

クリックは訪問者がメール内のリンクを1つでもクリックした場合に成立したとみなします。ただし配信停止リンクは除きます。ユーザーがメール内のリンクを短時間に複数回クリックすることは珍しくないため、AdRollでは30分以上間隔をあけて発生したユニーククリックのみをカウントします。

 

 

予算の設定

メール配信は初期設定でクリック数の最大化を目標としているため、予算を事前に設定しておく必要はありません。

最大クリック数もしくは予算額を設定したい場合は、フィールドを編集します。希望する予算を設定後、保存をクリックしてください。

 

メールサービスプロバイダ(ESP)

MailChimp、Constant Contact、Campaign MonitorおよびKlaviyoとの連携により、次の処理がAdRollで実行可能となります:

  • 連携するメールシステムからAdRollへのテンプレート取り込み
  • メールアドレスが配信解除された場合、AdRollからお使いのESPへ、およびESPからAdRollへ自動的に同期
  • これまでに取得したメールアドレスのアクティブ化。ご注意:この操作には事前にメールシステムにおけるセットアップ作業が必要です。

MailChimp、Constant Contact、Campaign Monitor、Klaviyoとの連携方法

  1. AdRollにログイン後、設定アイコンの下にある配信解除の管理画面を開きます。
  2. お使いのメールサービスプロバイダを指定します。手順に従って操作しセットアップ作業を終了します。

MandrillおよびMailgunとの外部連携を実行すると、Adrollが提供するテンプレートや機能を利用できます。しかもメールはこれまで通りMandrillやMailgunのアカウントから送信できます。

Mandrill、Mailgunとの連携方法

  1. ログインし、設定アイコンのメニューから「メールサービスプロバイダ」を開きます。
  2. お使いのメールサービスプロバイダを指定します。
  3. APIキー(および該当する場合はドメイン)を入力します。

 

Eコマースプロバイダ

メール配信と連携すると、WooCommerceやShopifyに出店しているお客様の店舗にAdRollを接続したり、商品レコメンドをセットアップする操作が簡単に実行できます。

  • WooCommerce

    AdRollを初めてご利用するお客様向けにプラグインをご用意しています。ウェブやメールのダイナミックコンテンツを順を追って作成できます。
  • Shopify

    AdRollとShopifyとの連携により、オンラインストアでコンバージョンをさらに伸ばすことができます。またShopifyストアで設定した内容はAdRoll製品に引き継いで使用できます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。