ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

AdRoll APIの概要

AdRollダッシュボードで毎回実行する同じ操作がある場合、AdRoll APIを利用して自動実行に置き換えることができます。またAdRollを既存のワークフローに組み込む場合にもAPIを利用できます。

AdRollダッシュボードに設置されている機能のほとんどがAPI経由で実行可能です。例えばAdRollに広告クリエイティブを一括インポートする場合や、新規のメールアドレスをCRMセグメントに週1回自動追加する場合、スクリプトを作成してAPI処理できます。

CRUD API

CRUD APIはAdRollダッシュボードに設定されている機能の大部分を担っています。広告キャンペーンや広告、ピクセルを管理するほか、さまざまな機能を実行できるようにするのがCRUD APIです。

レポートAPI

レポートAPIを使用するとレポート生成に必要なデータを抽出することができます。セグメントや配信に関するデータなどがこれにあたります。

オーディエンスAPI

オーディエンスAPIを使用するとCRMセグメントの作成や変更ができます。

AdRoll SQL

AdRoll SQLを使用すると、AdRollの利用時に取得した広告キャンペーンのパフォーマンスデータ(インプレッション数や、クリック数、コンバージョン数)をお使いのデータベースに送信できます。これによりETLパイプラインの一部としてパフォーマンスデータの送信が可能です。

開始する

AdRoll開発者サイトに掲載の初めてのご利用ガイドにて操作方法をご参照ください。

AdRollにおけるパフォーマンスデータはAdRoll SQLを利用してアクセスすることもできます。

利用に関するお問い合わせ

AdRoll APIについてのご質問はAPI担当チームまでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています