ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

ネイティブウェブ広告

ネイティブ広告の場合、掲載する画面の形式や機能に溶け込ませて広告を表示します。例えばInstagram広告はInstagramの投稿と同じ形態で作成されます。一方The Atlanticのようなコンテンツ掲載のサイトを利用すると、広告はニュース動画の中の特集記事のような形態になります。

ネイティブ広告にはテキストのない画像とインパクトのある見出しが必要です。適用する広告のサイズは600x500(推奨)、600x600 および600x315 です。

image3.png

提供元:Taboola

ネイティブ広告はパフォーマンスに優れています

ネイティブ広告の表示率は従来のディスプレイ広告よりも23%高いことがわかっています。CPCから見るとネイティブ広告は一般的なウェブ広告より39%低く、CPAでは33%低くなります。*

*2017年2月1日-同年3月19日の期間、ネイティブウェブ広告をAdRollで配信したユーザー実績から算出。

 

ベストプラクティス

  • 視覚に訴える画像:ネイティブ広告で使用する画像ではテキストを使用できません。言葉に頼らなくてもユーザーが広告を表示したくなるような画像、例えば人物の画像や明るい色調の画像などを使用してください。
  • インパクトのある見出し:見出しでウェブサイトを宣伝しましょう。ユーザーの関心をかきたて、サイトに誘導できるような強力なメッセージが必要です。
  • 既存のウェブ広告キャンペーンにネイティブウェブ広告を追加するとウェブ上のネイティブ広告枠も利用でき、広告の配信場所が広がります。
  • 複数のネイティブウェブ広告を実施する場合は、広告グループを新しく設定すると、ネイティブ広告全体のパフォーマンスを簡単に把握できます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています