ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

フルファネルコンバージョン分析

フルファネル詳細分析レポートは大きく分けて、フルコンバージョンファネルリターゲティングにおけるProspecting(プロスペクティング)の貢献度という2つの部分で構成されていますコンバージョンの詳細分析レポートの作成方法についてはこちらをご覧ください。

このレポートのアトリビューション期間はリターゲティングダッシュボードで設定されています。リターゲティングのアトリビューション期間は初期設定で7日間となっています。

 

フルコンバージョンファネル

Prospectingが貢献したリターゲティングコンバージョンの増加数

  1. リーチしたユニークユーザー数:過去30日間にProspectingがインプレッションを配信したユニークユーザー数。

  2. 新規訪問者数:広告キャンペーンがリーチし、ウェブサイトを訪問したユニークユーザー数。これにはビュースルーとクリックスルーの両方ユーザーが含まれます。

  3. 新規訪問者のリターゲティング:このメトリクスは新規訪問者に対するリターゲティングの成果を表します。

  4. アシストコンバージョン:始めにProspectingがインプレッションを配信し、その後に実施したリターゲティングによって発生したコンバージョンの数を示します。これらはリターゲティングの前にProspectingを実施して達成したコンバージョンであるため、増分コンバージョンと見なすことができます。

リターゲティングにおけるProspectingの貢献度

Prospecting広告キャンペーンがリターゲティング広告キャンペーンの成果をどれくらい押し上げることができたかは、ここで取り上げるメトリクスを使って大まかに把握することができます。

  • プロスペクティング訪問者からリターゲティングに転換したユーザー数:このメトリクスは、始めにProspecting広告を表示した後にリターゲティングされた訪問者と、その他のリターゲティング訪問者をパーセンテージで比較します。

    • リターゲティング全体の実施状況に照らし合わせたProspecting全体の規模を示します。この数値が低い場合、Prospectingによるリターゲティングトラフィックはリターゲティングトラフィック全体のごく一部であることを示しています。Prospecting予算の増額はひとつの改善案です。これによりリターゲティングコンバージョンの増加を図ります。

    • Prospectingにアシストされたリターゲティングのコンバージョン数(右側):このメトリクスはProspectingによる増分コンバージョンの数を示します。Prospectingから直接発生したリターゲティングコンバージョンの数を確認してみましょう。

    • また、このメトリクス比較からProspectingがもたらした訪問者の質も読み取ることができます。右側のメトリクスが一定数(2桁以上)ある場合、Prospecting広告キャンペーンが効果を上げていることを示します。集中的にProspecting広告キャンペーンを実行しているにも関わらず、左側のメトリクス(Prospecting訪問者からリターゲティングに転換したユーザー数)が低い場合は、広告キャンペーンの規模を拡大する余地があることを示しています。この場合、Prospecting広告キャンペーンの規模の拡大により、今まで以上の高品質のユーザーをリターゲティング広告キャンペーンに呼び込める可能性があります。このような場面ではProspectingの予算を増額することをお勧めします。

  • AdRoll Prospectingのユーザーがリターゲティングによってコンバージョンするまでの期間:このデータはアカウントで過去30日間に発生したアシストコンバージョンのデータを最終インプレッション時間(ラストタッチのダイレクトコンバージョン)と共にヒストグラム表示しています。リターゲティングアカウントで設定したアトリビューション期間は、このグラフにも反映されることになっています(紺色の縦線を参照)。右側のグレーに色付けした領域は、設定したアトリビューション期間外で計測されたコンバージョンです。Prospectingダッシュボードで同じ日付範囲を指定した場合、アシストコンバージョンはこのデータと一致するはずです。

  • グレーに色付けした領域でコンバージョンが多数発生している場合は、プロスペクティングの価値が設定したアトリビューション期間外で計測されていることを表します。Prospectingによってファーストタッチが発生した訪問者はタッチがリターゲティングのみの場合とは大きな違いがあります。これらのユーザーはProspecting広告キャンペーンから直接呼び込まれているため、ウェブサイトへの訪問が全くない、もしくはアトリビューション期間における訪問が計測されていません。このためアトリビューションの観点から、ファーストタッチがあったアシストVTCは重要な意味を持つと言えます。

  • 備考:現在、アトリビューション期間はアカウントレベルで設定されているため、リターゲティングとProspecting広告キャンペーンでは同じ期間を表示します。

 

  • リターゲティングによる訪問者のCTR(過去30日間):このグラフはリターゲティングにおける訪問者のクリックスルー率(CTR)について、ファーストタッチがProspectingの場合と他のチャネルの場合を比較します。Prospecting訪問者のCTRがその他の訪問者より高い場合、そのProspecting広告キャンペーンが高品質の訪問者をサイトに誘導していることを意味します。逆に低い場合はProspecting広告キャンペーンの最適化が必要だと思われます。

  • プロスペクティング訪問者におけるリターゲティング率(過去30日間):Prospectingが呼び込む訪問者はランディングページからすぐに離脱せず、高品質の訪問者となります。このような高品質の訪問者をリターゲティングで獲得できているか、現状を把握する必要があります。現在の広告キャンペーンはProspecting訪問者の獲得のために見直す必要があるかどうか、その判断にこのメトリクスが役立ちます。高品質の訪問者はコンバージョンの増加(ひいてはROIの増加)には不可欠で、リターゲティングしない手はありません。

  • プロスペクティング訪問者の多い上位オーディエンス:これらはProspecting訪問者がランディングすることが多いセグメント(ページ)です。割合が高いほどこのオーディエンスにエンゲージメントしたProspecting訪問者が多いことになります。

  • ヒント:リターゲティングで上位オーディエンスをターゲットにすると、リターゲティング率におけるアシストコンバージョンの増加につながります。簡単に説明すると、このリストには強力なエンゲージメントを持つウェブページが含まれています。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています