ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

お客様の広告キャンペーンに適した戦略を設定する

広告キャンペーンは、配信対象をどこまで絞り込むか、つまり広告キャンペーンの範囲を明確に定義してから開始することが大切です。広告キャンペーンは範囲を非常に広く設定することも、絞り込むことも可能です。広告キャンペーンの範囲に適合したターゲティング対象を決定すると、メッセージの方向性や最適な入札戦略、パフォーマンス目標といった要素が決まっていきます。

Campaign audiences of all sizes 

顧客がたどった経路は、ユーザーがサイトの発見(最初の訪問)から顧客(コンバージョン)へと転じる経緯そのものです。顧客の経路はお客様によって異なる部分もありますが、一般的に以下のように分けることができます:

    • 発見:訪問者がお客様のウェブサイトに初めて出会います。
    • 関心:訪問者がウェブサイトを閲覧したり再帰することで、関心の度合いが高まっていきます。
    • インテント:白書のダウンロードや買い物かごへの商品登録など、訪問者が購入インテントを示します。
    • コンバージョン:訪問者が購入を完了し、顧客となります。
    • リピート:顧客が再購入客(ロイヤル顧客)となります。

広告を通じて働きかける対象を全オーディエンスのうち、どのオーディエンスに設定するかによって広告キャンペーンの範囲が決定します。一般的な広告キャンペーンは、さまざまなステージにある広範囲なオーディエンスを対象とする場合に利用します。これに対し、限定的広告キャンペーンはステージ間を移行するユーザーに焦点を絞ります。

広告キャンペーンの配信対象を絞り込めるかどうかはウェブサイト全体のトラフィック規模によります。総オーディエンス規模がひと月当たりのユニーク訪問者数(MUV)で1,000人から10,000人の間であれば、一般的な広告キャンペーンのままにしておくのがよいでしょう。お客様のサイトのMUVが10,000人を超える場合は、より絞り込んでターゲティングした広告キャンペーンの評価が可能となります。 

一般的広告キャンペーン、限定的広告キャンペーンの比較

What you can expect from your campaign will depend on your campaign scope. 

一般的な広告キャンペーンはオーディエンス全体に作用し、関心やインテントを高めることに効果を発揮します。具体的なアクションの獲得数を伸ばしたい場合、幅広いオーディエンスへのリーチはその広告キャンペーンの目的として十分とは言えません。むしろ、目標に合致した訪問者のみをリーチすべき訪問者とし、そうしたインプレッション配信に重点を置く方が適しています。

 

入札戦略と広告キャンペーン設定

There are three bid strategies to pick from that will form the foundation of your campaign: 

1. Maximize Clicks

複雑なタスクをすべて自動調整で設定するのがこの戦略の特長です。この入札戦略を選択すると、事前に指定された予算の範囲内でAdRollがパフォーマンスとリーチを自動的に最大化します。

この入札戦略は、具体的なパフォーマンス目標を定めていないお客様や、リターゲティングの経験がそれほど豊富ではないお客様がリターゲティングを始める場合にも適しています。広告インプレッション1000回当たりの費用(CPM)およびクリック単価(CPC)の基準値を決定してあれば、さらに絞り込んだ広告キャンペーン目標にいつでも変更できます。ただし現在の設定はAdRollが推奨するデフォルト設定となっています。

2. Set Your Own Performance Goal

この高度なオプションは、お客様が明確な目標CPC(サイトへのユーザー呼び戻しに要するユーザー1人当たりの費用)をお持ちの場合に効果を発揮します。このオプションが設定されると、AdRollは目標CPCをおよその範囲内に収めるよう優先的に調整し、リーチと予算の遵守を次の優先事項とします。

Click here to learn more about bid strategies setup and best practices.

 

その他の方法でより一般的またはより限定的にする

一般的なリーチを増加させるには

ターゲットオーディエンス規模を拡大:訪問者にリーチするには、まずターゲットオーディエンスへの追加が必要です。そのための方法をいくつかご紹介します:

  • 全訪問者指定など、ターゲットセグメントを拡大(または増加)させる
  • メーリングリストをアップロードし、しばらくウェブサイトを訪問していないユーザーとの再コンタクトを図る

絞り込みを避ける:地域ターゲットや、ネットワークまたはIP除外などの制限はなるべく外すようにしましょう。

広告サイズの種類は豊富に:広告キャンペーンで用意するウェブ広告は推奨されている6つのサイズをすべてそろえると利用可能なインベントリが増え、リーチを拡大できます。

予算を増加する:高トラフィックのウェブサイトの場合、予算次第でAdRollがリーチできる訪問者数が限られてしまう場合があります。

広告キャンペーンをより絞り込むには

オーディエンスをセグメント化:オーディエンスをセグメントに細分化し(やりすぎは禁物です)、訪問者の関心に合った広告配信をしましょう。セグメント作成のカテゴリ例を以下に挙げました:

  • 閲覧したカテゴリ
  • 閲覧した製品
  • 閲覧したページ

Exclude your conversion segment: if your goal is to drive new revenue, make sure that you’re not serving impressions to existing customers. 

That being said, excluding customers is not always the right move. If your business is one where customers are likely to buy more than once, you may want to broaden your campaign scope to include customers that already support you. 

クッキー有効期限を短縮する:BidIQはウェブサイトの最終閲覧時間を自動的に加味して作動しますが、クッキー有効期限を短縮すると、訪問者のクッキーがアクティブな状態でオーディエンスにとどまる期間そのものが制限されます。例えば販売サイクルがおよそ10日間とわかっている場合は、それに合わせてクッキー有効期限を短縮できます。

 Set geotargets:if you only serve certain locations, set geotargets to focus your efforts on places that matter.

Decrease frequency: lowering your frequency caps will narrow BidIQ’s focus to the impressions that have the highest chance of getting clicked, but don’t go too low. The more exposure someone has to your brand, the more likely the are to convert (see familiarity principle).

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています