ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

ダイナミック クリエイティブの概要

ダイナミック クリエイティブをご利用希望のお客様は、初めにお客様の環境で利用が可能かアカウントマネージャーに確認してください。

Shopify専用AdRollをご利用中のお客様は、Facebookのダイナミックプロダクト広告をAdRollから配信できるようになりました。

 

ダイナミック クリエイティブとは

ダイナミック クリエイティブがあれば、サイト訪問者の関心を再度呼び戻すことも簡単です。複数のデバイスを行き来するユーザーに向けてウェブやFacebookで魅力あるパーソナライズ広告を配信します。ウェブサイトで訪問者が示したインテントに基づき、過去に閲覧された商品やおすすめの商品、人気商品をダイナミック クリエイティブ広告で取り上げます。

 

ダイナミック クリエイティブの特長

  • 訴求力・エンゲージメント獲得力・拡張性:ダイナミック クリエイティブは静的なリターゲティングと比べてCTRは最大2.5倍増加、CPAは最大50%の削減を実証しています。
  • 簡単な操作で外部連携:製品フィードをアップロードし、AdRollが発行した製品ID用のJavaScriptをお客様サイトの製品ページに追加するだけの簡単な操作です。
  • 鮮やかな広告でブランドを掲示:AdRollの専属クリエイティブデザイナーがテンプレートによらないカスタマイズ広告を作成します。ブランドアピールおよびパフォーマンス向上の同時達成が可能です。

 

広告画像のフォーマット

  • ウェブ広告の場合、フィード内の画像は200x300以上のサイズが必要です。
    • AdRollが広告作成を承った場合は300x250、160x600、728x90、300x600の4サイズの広告をセットにしてお届けします。
  • Facebook広告の仕様は実施する広告キャンペーンのタイプによって変わります。
    • ウェブサイトへ顧客を誘導する広告の場合は、画像サイズは600x315としてください。

 

ベストプラクティス

  • ウェブ広告の場合、一定の画像サイズを使用します。AdRollのデザイナーへの広告作成リクエストは多様な広告サイズで対応していますが、サイズをある程度揃えてご依頼いただくと作成がスムーズに進みます。
  • 目を引く内容かつ、高画質で背景色が透明の画像を用意してください。背景色が透明の素材を使用すると、質感があり、見る人の想像力をかきたてる広告デザインが可能になります。
  • 広告コピーはすべて50文字未満としてください。
  • Facebook広告の場合:
    • 画像サイズは 600x315 とし、白で空きスペースを埋めることは避けてください。

画像は横長のものを使用することをお勧めします。用意した画像が縦長のみの場合は、縦長の画像をつなぎ合わせて横長に近い画像を作成してみてください。

 

AdRollピクセルの配置方法

ピクセルはウェブサイトとAdRollダッシュボードとの橋渡しの役割をするため、サイトのすべてのページで有効化させる必要があります。これによりピクセルが訪問者のサイト内行動を記録し、サイト上の各製品を識別する製品IDを共にデータを返します。

AdRollピクセルの有効化の手順についてはこちらを参照してください。

 

製品フィードを準備する

製品フィードは、お客様のウェブサイト内の製品全てについての情報が含まれているファイルです。 ダイナミック クリエイティブがお客様の製品フィードファイルから広告表示時に読み込みます。

既に作成済みの製品フィードは概ねAdRollで使用可能です。以下のサードパーティーフィードはAdRollのシステムと互換性があります。

  • Google Base
  • GoDataFeed
  • Mercent
  • Channel Advisor
  • Amazon
  • Shopify
  • Bingショッピング

AdRollで使用するフィード要件

詳しくは製品フィードのガイドラインをご覧ください。

フィード形式

TXT、CSVおよびXML形式

フィード配信のホスティング

フィードは単一URLのリンクを介して配信できます。

もしくはAdRollがお客様のフィードを弊社サーバーでホストすることも可能です。ご希望のお客様はアカウントマネージャーまでお申し込みください。sFTP認証情報をお送りします。

フィードの入力必須項目

  • 製品ID
  • タイトル
  • 画像リンク
  • ランディングページのURL

任意項目のフィールド

  • 価格
  • 販売価格
  • 簡潔な紹介文

 

JavaScriptコードに製品IDを追加する

ユーザーがサイトで製品を閲覧するとAdRollがフィードの製品情報と照合します。この処理は一意の識別子を各製品IDとして割り当て、下記のJavaScriptスニペットに格納して実行します。操作はAdRollピクセルを製品ページの頭行<script type="text/javascript">のすぐ下に追加して完了です。

adroll_custom_data = {"product_id":"PRODUCT ID"};

ピクセルで設定した製品IDがフィードの各製品に割り当てた識別子と一致することを必ず確認してください。

 

製品アクションのセットアップ

製品アクションはピクセルのカスタムイベントを記録するコードです。アクションから取得したデータを基に、ユーザーが表示した製品/しなかった製品を管理できるようになります。

製品アクションはすべてのアクションを対象に作成できます。標準的な製品アクションとして次の2つが挙げられます。

  • "AddToCart"
  • "Purchased"

各製品に紐づける製品アクションを決定したら、製品アクション追跡メソッドを選択します。この時、以下のいずれかの方法で設定してください。

適切なページで変数として設定:

adroll_custom_data= {"product_id":"foo","product_action":"AddToCart"};

またはイベント発生時に、次の関数を呼び出します:

__adroll.record_user({product_id:“foo”, product_action: "AddToCart"})

製品IDが複数の場合、1つの配列にまとめることによって同一アクションに対するデータ返送が可能です。

製品アクションの確認

データが正常に返されていることを確認するには、ブラウザ開発者ツールを開いてネットワークタブをクリックします。次にd.adroll.comにcallを指定します。データがURL内のパラメータとして追加されて出るはずです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています