ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

HTML5広告クリエイティブのガイドライン

本ページのガイドラインに基づいて作成されたHTML5広告をお持ちの場合は、アカウントエグゼクティブまたはCustomer Delightチームに広告のアップロードをお申し出ください。

 

Zipファイルの要件

  • 広告ごとにzipファイルを作成し、併せてHTML5広告を構成するコードと素材(パブリックで一般的に使用されるJavaScriptライブラリのものも含む)をすべて保存してください。
  • すべての素材について、正しいファイルロケーションに指定されていることを確認してください。
  • Zipファイルのサイズは150KBまでとし、内容ファイル件数は10件未満にしてください。
  • 素材はすべてセキュアな接続から読み込んでください (https)。
  • zipファイルには、HTML文書から参照されたすべてのファイルが含まれていなければなりません。
  • クロスドメインのスクリプトは使用できません。外部ドメインへのコード参照は認められません。
  • ローカルストレージやセッションストレージのライブラリは使用できません。
  • ルートフォルダには単一の、正しく構成された完全なHTML文書が必要です
  • HTMLタグは<!DOCTYPE html><html><body>タグを使用してください
  • clickTAG変数を宣言してください
    • 例:<script type='text/javascript'>var clickTag ='http://www.adroll.com';</script>
    • このclickTAG変数はパラメータとして広告内のすべてのwindow.open イベントに送られる必要があります。通常はdiv要素のJavaScriptオンクリックイベントに割り当てられています:<div id="clickArea" style="width: 300px; height: 250px" onclick="window.open(clickTag ,'_blank');">
  • 広告サイズは必ず<meta>タグを使って特定してください。
    • 例: <meta name=“ad.size” content= “width=300, height=250”>
  • インラインフレームへの読み込みも可能です

広告仕様の一般要件

対応ファイルタイプ  
  • HTML, HTM
  • CSS
  • JS
  • XML
  • SVG
  • JPG
  • JPEG
  • GIF
  • PNG
対応広告サイズ  
  • 728×90
  • 300×250
  • 160×600
  • 300x600
  • 468×60
  • 120×600
  • 336×280
  • 250×250
  • 320x50
  • 970x250
対応可能な共有ライブラリおよび外部ファイル

 

ブラウザ対応
  • Chrome 40以降
  • Firefox 35以降
  • Internet Explorer 10以降(Edgeを含みます)
  • Opera 20以降
  • Safari 7.0以降
対応するHTML5オーサリングツール
対応するHTML5コンバージョンツール
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています