ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

コンバージョンについて広告キャンペーンのアトリビューションを評価する

コンバージョンオーディエンスを予め定義しておくと、訪問者に対して希望するアクションが完了した時にAdRollがお知らせします。アトリビューションは、広告接触から到達したこれらのコンバージョンがいつ発生したかを知る手がかりとなります。

アトリビューション分析にはまだまだ議論の余地があり、現実的なアトリビューションモデルを突き詰めるために数多くの理論が競合しています。お客様ご自身でも情報収集の上、最も適したアトリビューションモデルを決定することをお勧めします。

 

AdRollに設定したアトリビューションを調節する

アトリビューションは設定 > アトリビューション設定の順に開いて調整します。ここではコンバージョン期間およびアトリビューションパーセンテージを調整できます。

 

トラッキング対象期間

トラッキング対象期間とは広告キャンペーンがコンバージョンに貢献したかどうかを判断するために設定した期間で、訪問者が広告に接触してからの経過日数を指定します。AdRollではコンバージョン期間を初期設定で7日間としています。期間はいつでも変更が可能です。設定からアトリビューション設定に進んで操作してください。

コンバージョン期間は販売サイクルを考慮に入れて設定してください。

アトリビューションパーセンテージ

アトリビューションのパーセンテージとは、広告に起因するコンバージョンに対し、広告キャンペーンの貢献度を比重として設定したものです。

  • コンバージョンの貢献度を100%として設定した場合、トラッキング対象期間内に発生したコンバージョンはすべて広告キャンペーンの成果と見なします。
  • コンバージョンの貢献度を50%とする場合、トラッキング対象期間内に発生した広告に起因するコンバージョンのうち半分だけが、広告キャンペーンの成果となります。

アトリビューションパーセンテージは予測される環境要因を考慮した上で、広告キャンペーンが貢献したコンバージョンの比重を調整できます。複数のアクティブなマーケティングチャネルがある場合などがこれに当たります。

 

ビュースルーCVのアトリビューション

オンライン広告キャンペーンの成果を簡単に計測する場合はクリックスルーCVのトラッキングが適しています。

ビュースルーCVは、訪問者が広告にエンゲージメントしたことを示す明確なアクションがないため、もう少し複雑です。調査によればクリック経験があると答えたのはわずか16%で、そのうちの半分(8%)がディスプレイ広告をクリックしたユーザー全体の85%でした。

広告キャンペーンがブランド認知度の向上に貢献したかどうかの評価は、ビュースルーCVの計測値で明らかになります。VTCへのアトリビューション配分に関するマーケター93%への調査では、大多数がトラッキング対象期間を30日間に設定し、VTCに約25%、またCTCに100%を配分しています。

 

クロスデバイスによるアトリビューション

デスクトップとモバイルを対象に実施する広告キャンペーンの場合、顧客が複数のデバイスを利用(クロスデバイス)することを前提に広告キャンペーンの能力を把握する必要があります。これを踏まえ、AdRollでは複数のプラットフォームを経由して達成されたコンバージョンをトラッキングします。クロスデバイスのアトリビューション計測時におけるAdRollの上記データの取り扱いにつきましては、利用規約およびプライバシーポリシーをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています