ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

URLベースのオーディエンス

URLベースのオーディエンスを作成すると、閲覧したページまたは製品に応じて訪問者を分類することができます。

URLベースのオーディエンスの作成手順

  1. オーディエンスタブを開きます。

  2. 新しいオーディエンスをクリックし、オーディエンスタイプ訪問先URLを選択します。

  3. オーディエンスを1件のURLで定義する場合は新規オーディエンスをクリックして作成します。複数のURLで定義する場合は新規の複合オーディエンスから作成します。

URLで使用する特殊文字

URLオーディエンスでは * および ? の2つの特殊文字を使用します。このような特殊文字は「ワイルドカード」と呼ばれ、1文字もしくは一連の文字列を示すプレースホルダーの変数として使用されます。

オーディエンスの規模が大きくなるほど、オーディエンス最適化の成熟度が高まるというメリットがあります。ただし毎日のウェブサイト訪問者数が千人単位である場合を除き、オーディエンスの定義に個別のURLを使用することはお勧めできません。そのような場合は特殊文字を使用して、汎用性の高いURLベースのルールを定義します。

特殊文字についてはこちらをご参照ください。

URLパターン

URLパターンは文字および記号を連続させて一意の文字列としたもので、ウェブサイトのページURLの一部として表示されます。URLベースのオーディエンスを設定する場合はURLパターンを使用します。

設定例

URL:www.adroll.com/category/section/page/

  • URLパターン*/category/section/page/を指定してオーディエンスを作成する場合:オーディエンスがその特定のページへのトラフィックすべてを検出します。
  • URLパターン*/category/*を指定してオーディエンスを作成する場合:オーディエンスが「/category/」という語句を含むページへのトラフィックすべてを検出します。

 

オーディエンスの除外

広告キャンペーンからオーディエンスを除外すると、そのオーディエンスへの広告配信が停止されます。オーディエンスを除外するには以下の手順で操作します。

  1. オーディエンスタブを開きます。
  2. 除外するオーディエンスを選択します。
  3. オーディエンス設定した広告キャンペーンターゲットのトグルをターゲットから除外に切り替えます。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。