ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

URLベースのオーディエンス

URLベースのオーディエンスを作成すると、閲覧したページまたは製品に応じて訪問者を分類することができます。URLベースのオーディエンスは設定が非常に簡単です。AdRollピクセルの配置を別にすれば、このオーディエンスタイプは設定時のウェブサイトへの変更が一切必要ありません。

URLベースのオーディエンスの作成手順

  1. AdRollダッシュボードにログインし、オーディエンスタブを開きます

  2. 新規オーディエンスをクリックしてオーディエンスタイプ訪問先URLに設定します。

  3. オーディエンスを1件のURLで定義する場合は新規オーディエンスをクリックして作成します。複数のURLで定義する場合は新規の複合オーディエンスから作成します。

URLで使用する特殊文字

URLオーディエンスでは2つの特殊文字 * および ? を使用します。このような特殊文字は"ワイルドカード"と呼ばれ、1文字もしくは一連の文字列を示すプレースホルダーの変数として使用されます

オーディエンスの規模が大きくなるほど、オーディエンス最適化の成熟度が高まるというメリットがあります。ただし毎日のウェブサイト訪問者数が千人単位である場合を除き、オーディエンスの定義に個別のURLを使用することはお勧めできません。そのような場合は特殊文字を使用して、汎用性の高いURLベースのルールを定義します。

特殊文字についてはこちらをご参照ください。

URLパターン

URLパターンは文字および記号を連続させて一意の文字列としたもので、ウェブサイトのページURLの一部として表示されます。URLベースのオーディエンスを設定する場合はURLパターンを使用します。

設定例

URL:www.adroll.com/category/section/page/

  • URLパターン*/category/section/page/を指定してセグメントを作成する場合:セグメントがその特定のページへのトラフィックすべてを検出します。
  • URLパターン*/category/*を指定してセグメントを作成する場合:セグメントが"/category/"という語句を含むページへのトラフィックすべてを検出します。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています