ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

Googleタグマネージャを使用してAdRollピクセルをオンにする

こちらも併せてお読みください:

Googleタグマネージャとは

Googleタグマネージャ(GTM)とは基本的にスクリプト(Googleではタグと呼ばれています)を格納するコンテナのことです。GTMを利用するとAdrollピクセルなど複数のタグをウェブサイト上で簡単に追加、管理できるようになります。

例えばAdRollとGoogleアナリティクスを併用するとします。Googleアナリティクスはアナリティクスの作動に必要な追加スクリプトを提供し、AdRollはAdRollピクセルを提供します。Googleタグマネージャを使用しない場合は両方のスクリプトを個別に実行する必要が生じます。

Googleタグマネージャを使用すれば両方のスクリプトをGTMコンテナに保存できるため、この1種類のコードを設置するだけで両スクリプトの実行が可能です。また今後スクリプトの追加調整にウェブサイトのHTMLやテンプレートの入れ替えが不要となり、GTMダッシュボード上で変更が行えます。とても便利ですね!

Googleタグマネージャの登録方法

  1. 登録がまだの場合はこちらから開始します。

  2. 登録完了後、アカウント追加の画面が表示されます。複数のウェブサイトを管理している場合は各ウェブサイトにつき1アカウントを割り当てるとよいでしょう。GTMの“アカウント”はAdRollのダッシュボードの広告主プロフィール1件に相当します。

    たとえば、"Adroll"は企業名、www.adroll.comは関連するウェブサイトとなります。ウェブサイトに追加するためにコンテナの使用場所ウェブを選択します。

  3. Google利用規約に同意します。

  4. 次のページが読み込まれ、ウェブサイトに埋め込むコードが表示されます。指示に従って操作してください。ご不明の点はGoogleのQuick Start Guideをご参照ください。アカウント設定はこれで終了です。

GoogleタグマネージャにAdRollピクセルを埋め込む方法

  1. GTMダッシュボードでまず目的のアカウントが表示されているか確認します(アカウントを複数お持ちの場合)。アカウントを作成したばかりの場合は、そのアカウントが表示されているはずです。

    ここではwww.adroll.comアカウントを使用して操作します。実際はお客様のウェブサイトURLが表示されます。

  2. 新しいタグの追加をクリックします。

  3. AdRollはGTMでもよく知られている製品でここでの操作も簡単です。AdRollをクリック後、続行をクリックします。

    タグ名は必須ではありませんが設定可能です。ここでは“AdRollタグ”とします。

  4. タグを設定します。アドバタイザブルIDおよびピクセルIDに記入する情報はAdRollピクセルに記載されています。

    AdRollピクセルを呼び出すにはAdRollダッシュボードに戻り、右サイドバーでAdRollピクセルOFFをクリックします。OFFに変わりませんか。AdRollピクセルを直接ウェブサイトに貼り付けた場合は、GTMコードを配置する前にピクセルを削除する必要があります

    adroll_adv_id = アドバタイザブルID、adroll_pix_id= ピクセルIDを指します。GTMタグに戻り、英数字12桁のコードを該当フィールドにそれぞれ入力します。コンバージョン値およびセグメント名は空欄にしてください。このタグは特定のコンバージョンページではなくすべてのページで作動するよう、設定はAdRoll側で行います。続行をクリックします。

  5. すべてのページにタグを配信させるために、次のステップではタグの配信をすべてのページに指定します。するとこのトリガーでタグを配信しますの下にその内容が表示されます。

  6. タグの作成をクリックすると設定は完了です。タグが作成されました。タグは、GTMダッシュボードのタグセクションからいつでも編集が可能です。

これで完了です。Adrollダッシュボードに戻り、訪問者セグメントを設定してコンバージョンを定義してください。GTMを使ったエンハンスドコンバージョントラッキングの設定はこちらをクリックしてください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています