ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

Googleタグマネージャ

Googleタグマネージャー(GTM)とはタグ(スクリプト)を格納するコンテナのことです。GTMを利用するとAdrollピクセルなど複数のスクリプトをウェブサイト上で簡単に追加、管理できるようになります。

  1. GTMアカウントをお持ちでないお客様はこちらで登録してください。

  2. 登録完了後、アカウント追加の画面が表示されます。複数のウェブサイトを管理している場合は各ウェブサイトにつき1アカウントを割り当てることも可能です。GTMのアカウントはAdRollの広告主プロフィール1件に相当します。

  3. Google利用規約に同意します。

  4. 表示される手順に従って操作し、コードをお客様サイトに追加します。ご不明の点はGTMのQuick Start Guideをご参照ください。

 

AdRollピクセルをGoogleタグマネージャに追加する

GTMタグは1件の設置ですべてのページで作動するため、AdRollピクセルをお客様サイトの各ページに設置することをお勧めします。

  1. 1.Googleタグマネージャー > ワークスペース > デフォルトのワークスペースの順に進みます。

  2. 新しいタグの追加をクリックします。

  3. 設定画面でタグタイプの選択をクリックします。

  4. AdRollを検索します。

  5. AdRollスマートピクセルをクリック後、続行をクリックします。

  6. タグを設定します。アドバタイザブルID およびピクセルID に記入する情報はAdRollピクセルに記載されています。

    AdRollピクセルを呼び出す場合は、AdRoll > オーディエンス > AdRollピクセルの順にクリックします。

    adroll_adv_idアドバタイザブルID、adroll_pix_idはピクセルIDを指します。GTMタグに戻り、英数字12桁のコードを該当フィールドにそれぞれ入力します。コンバージョン値およびセグメント名は空欄にしてください。

  7. 続行をクリックします。

  8. タグの作動箇所をすべてのページに設定します。トリガー設定では、トリガーの作動条件をAll DOM Readyイベントとし、トリガーの種類としてページビュー - DOM Readyを選択します。

    このトリガータイプが表示されない場合は一旦AdRollピクセルタグを保存し、以下の手順で新しいトリガーを作成します。

    1. トリガー > 新規の順にクリックします。

    2. ページビューの画面でDOM Readyをトリガータイプとして選択します。

    3. All Page View - DOM Readyイベントのトリガーに名前を指定します。

    4. 保存します。

    5. タグの画面に戻り、新しいトリガーを選択してください。

  9. タグの作成をクリックすると設定は完了です。タグを編集する場合は、GTMのタグセクションでタグを呼び出して操作してください。

 

エンハンスドコンバージョントラッキング 

エンハンスドコンバージョントラッキングのセットアップ方法およびカスタムパラメータの定義方法はこちらを参照してください。

 

収益データの保存場所

コンバージョンページに設定した収益データの保存場所がわからない場合は、ご勤務先の技術担当部署にご相談ください。

一般的によく使われる保存場所はDOM ElementsやJavaScript変数、dataLayer変数などです。

DOMエレメントは、ページ内のHTMLタグです。画像(<img>)や文章(<p>)、各種入力値(<input>)を先頭に持つものはすべてDOMエレメントです。

 

Googleタグマネージャーで作成するイベントベースのオーディエンス

大多数のオーディエンスはウェブサイトのURLを使うことによりトラッキングが可能です。一方でボタンのオンクリックやフォーム送信など、特定のアクションを取るオーディエンスをトラッキングする必要が生じる場合もあります。このようなオーディエンスのトラッキングには、AdRollダッシュボードでイベントベースのオーディエンスを作成することが必要です。

オーディエンスを作成したら、以下の手順に従ってオーディエンスをウェブサイトのオンクリックイベントに紐づけます。

  1. GTMアカウントを開き、ワークスペース > デフォルトのワークスペース > 新しいタグを追加 の順に進みます。

  2. タグの設定画面でタグタイプの選択をクリックし、カスタムHTMLを選択します。

  3. こちらの記事で説明している手順を参照しながら、オーディエンスに付加するイベントスニペットをAdRollダッシュボードからコピーします。

  4. このスニペットをGTMのカスタムHTMLタグ内にペーストし、コードが<script>タグに含まれていることを確認します。

  5. ボタンに設定する既存のトリガーを選択します。適切なオンクリック機能または、選択肢にある場合は成功フォームを選択します。

    ボタントリガーがない場合は新しいトリガーを作成します。こちらの操作手順を参照しながら、新規作成したトリガーを選択します。
  6. タグに名前を指定し、保存します。他のイベントベースのオーディエンスについてもすべて、この操作を繰り返します。

  7. ワークスペースを公開します。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。