ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

エンハンスドコンバージョントラッキングの設定

These are general instructions for dynamically passing back revenue recorded for each sale. If you work with a particular e-commerce platform, check if we have your platform listed in Platform Integrations

Before You Start

収益値を同時に移行される場合はコンバージョンセグメントの作成時にCV値を指定しないようご注意ください。CV値が既に指定されている場合は、コンバージョンセグメントの編集画面で削除してください。

 

基本のコンバージョントラッキングをベースにします

Your AdRoll Pixel and dashboard provide an easy way to set up basic conversion tracking through URL segmentation. Any time a visitor lands on a page that represents completion of a desired action, for example http://www.example.com/thankyou, a conversion event can be triggered and attributed to your advertising.

If you would like to get more granular insight into the context of each attributable conversion, you'll need to add our enhanced conversion tracking JavaScript code to your conversion page(s). This code will instruct your AdRoll Pixel to pass back additional variables, such as order value or ID, along with the conversion event.

エンハンスドコンバージョントラッキングを導入するには、多少技術的な専門知識が必要となるため、お客様のウェブサイトに精通した人と提携したいと思われるでしょう。以下を知る必要があります。

  • コンバージョンページ HTMLへのアクセス方法
  • トラッキングしたい情報に関連する変数名と、その結果としてのコンバージョン

 

コンバージョンの収益値を移行する方法

Because revenue is the most commonly used attribute that can be passed with conversions, AdRoll has implemented a specific conversion variable for order amounts that is recognized by your AdRoll Pixel.  When a value is assigned to this variable, it will show up in your AdRoll dashboard.

In the HTML of your success page, you will need to add additional JavaScript below your AdRoll Pixel. The script will instruct your pixel to recognize the variable that logs the order amount assigned to the conversion.

The revenue variable name (X) used is unique to each website and e-commerce platform. In order to determine the correct variable name, you will want to make sure to refer to the proper documentation from your respective platform.

収益変数に正しく名称が設定されると、Xは実際に発生するコンバージョンに合わせて自動的にオーダー合計値を追加し始めます

収益変数が正しく実行されているか確認したい場合は、決済テストを実行してください。その後、コンバージョンページのHTMLを確認します。収益変数(X)のところにはログされた実際のオーダー合計値が表示されるはずです。以下の例では、記録されたオーダー合計値は49.95ドルです。

 

カスタム通貨を移行させる方法

AdRollは通常USDで収益値をレポートします。収益値をカスタム通貨でレポートさせる場合は"USD"をご希望の通貨を表す3文字のコードと置き換えるだけですが、スクリプトの調整が必要となります。

adroll_conversion_value = X;
adroll_currency = "Y"

As in the previous section, X is replaced by your platform's revenue variable name. Replace Y with a supported currency code being sure to include the specified quotation marks.

その他の留意事項:

  • 弊社では現在、レポート時の通貨表記として次の通貨をお客様のダッシュボードにご用意しています:米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、英スターリングポンド(GBP)、豪ドル(AUD)、日本円(JPY)
  • If you specify a different currency for enhanced conversion tracking than what is set on your dashboard, revenue tracked will be converted to your dashboard currency setting based on daily exchange rates.
  • 通貨コードが指定されていない場合はUSDでレポーティングされます。

 

追加のカスタム値を移行する方法

コンバージョンに関するその他のアトリビュートもAdRollへの移行が可能で、こうした値は詳細コンバージョンレポート(GCR)からご確認いただけます。操作方法は右サイドバーにある"レポートを生成"ボタンをクリック後、レポートタイプに"プロフィール概要"を選択してダッシュボードから抽出します。

Additional variables are passed by setting a JavaScript object with the name adroll_custom_datawhich encapsulates custom variables and values.

The example script below is set up for passing values for order ID and user ID, where W and Z should be replaced with the corresponding variable names as defined by your platform. 

 

対応する変数名が分かっている場合は、その他ご覧になりたいデータについて引き続き定義していただくこともできます。操作は以下のフォーマットに当てはめるだけです:

adroll_custom_data = {"ORDER_ID": W, "USER_ID": Z, "custom_name": A, "custom_name" : B}

Where "custom_name" is your name for the data you are trying to capture and and B are replaced by the corresponding variable names.

その他のカスタムデータの移行をご検討される場合は、移行可能なデータの種類について精通している方が行うようにしてください

 

収益 とカスタム値を一緒に移行する方法

AdRollに両タイプのデータを移行したい場合は、収益値とカスタム値の両方の変数を同時に設定することもできます。 adroll_conversion_value、 adroll_currency、 および adroll_custom_data の変数を続けてJavaScriptに設定してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています