ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

Facebook広告のベストプラクティス

FacebookでリターゲティングやProspecting(プロスペクティング)を実施することにより、ウェブやメールを使った広告キャンペーンの効果をさらに押し上げることができます。サイト訪問者の関心を引くため、ファーストパーティーデータを活用するほか、ウェブに豊富な広告インベントリを持つソースの確保は必須です。このページではFacebookの主要パートナーであるAdrollがより効果的な広告キャンペーンを実施するためのヒントを挙げます。

 

ベストを目指す

  • 理想の広告キャンペーンに近づくには試行の積み重ねが必要です。フォント、カラー、画像、コールトゥアクションを変えることで、広告のパフォーマンスは良くも悪くもなります。

  • ほんの少しの変更で大きな効果が生まれることがあります。同じ画像に異なる色やコピーを使って、何種類か広告を作成しましょう。およそ10,000インプレッションを配信後、パフォーマンスのよくない広告は一時停止するか削除します。

  • クリエイティブはローテーションして、広告疲労を回避しましょう。広告作品は 2–3週間ごとに切り替え、鮮度を保ちましょう。ローテーション期間は、フリークエンシーキャップやユーザーリスト内のユーザー数により異なります。

  • プロのテクニック: ローテーションのスケジュール以外でも、広告の実績が落ち始めたら広告作品を切り替えてください。

 

注意を引く

  • プロモーションや無料トライアルだけでなく、割引や1日限定プロモーション、ロイヤルティプログラムを常に実施し、ソーシャルメディアのエンゲージメントや売上の増進を図ります。 

  • 読みやすい区切りや正しい言葉遣いは、訪問者の目を引く大切な要素です。 

 

ぜひ実行しましょう:

  • コールトゥアクション(CTA)ボタンを使用してサイトの訪問者にどんな行動を期待するのか明確に設定し、パフォーマンスの向上を目指す。

  • 広告タイトルで質問を投げかけ、エンゲージメントを促進する。

  • 広告に“無料”や“セール”といった単語を使い、注目を集める。

  • Facebookのブルーとホワイトに対して鮮やかに見える画像や色を選択する。

  • できる限り多くの広告をテストして、幅広く網羅する。

  • 販売ファネルの中で高かったり低かったりするランディングページをテストして、コンバージョン率が高いのはどれなのかを確認する。

実施中の広告を新しくしたいとお考えの場合は、上記の点をご検討ください。広告ライブラリでクリエイティブを管理するの記事ではこのような変更を短時間で実行できるよう、広告の一括編集の手順を説明しています。

 

避けましょう:

  • 一般人になじみのない略語や専門用語を使用する。

  • 特に認知度が高いブランドではないのに、広告にロゴを配置する。

  • Facebook広告を一般的なディスプレイ広告のように作成する。(そうではなく、コンテキストを使い簡潔さを重視しましょう。)

  • Facebookがソーシャライズの場であることを忘れる-いいね!や共有を獲得する工夫を凝らしましょう。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています