ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

ダイナミックCPM価格設定の利点

CPM(インプレッション1000回あたりにかかる経費)は一貫した価格設定モデルを採用しています。このためインベントリをエクスチェンジ経由で購入する場合と、パブリシャーから直接購入する場合の価格はいずれも同じです。広告ベンダーが購入したインベントリは様々な方法で広告主に転売できます。

一般的な価格設定モデル

CPM(インプレッション1000回あたりの費用):

インベントリの実際のCPMコストに基づいて内訳を明瞭にした料金で、広告主からベンダーに支払われます。ベンダーは販売したインベントリに固定パーセンテージを適用して利益を確保します。

CPC(クリック単価):

広告主が売り手に対し、ユーザーが広告にクリックするたびに支払うコストです。売り手は、インベントリを獲得するための実際のコストと広告主が支払うCPCの差額を最大化することでマージンを得ます。

CPA(コンバージョン単価):

広告主がベンダーに対し、広告からサイトに誘導されたユーザーが取引を完了するたびに支払うコストです。広告をクリックした後、一定の時間内に取引が完了されさえすれば、ベンダーはこのコンバージョンを広告キャンペーンに起因したものとすることができます。

弊社はダイナミックCPMモデルを採用し、リターゲティングプラットフォームと連携させることで広告主の利益に貢献しています。広告主に透明性、柔軟性、広告キャンペーンの管理に優れたサービスをお届けします。

透明性

ダイナミックCPMの価格設定は透明性を第一に考え、お客様の具体的な目標に合わせて最適化を実施します。

ダイナミックCPMの価格設定メカニズムでは顧客目標に焦点を当て、その具体的な要件に基づいて広告キャンペーンを調整することができます。さらに使用インベントリに関する情報の透明性も確保し、成果とインベントリとの関連性を明らかにできます。

柔軟性

AdRollではさまざまなタイプの広告キャンペーンを用意しています。広告主が複数の目標を掲げる場合はプログラムを切り替えながら実施することをお勧めします。価格設定モデルに合わせてキャンペーンの目標を決定する必要はありません。

ダイナミックCPMの特長は柔軟なターゲティング機能です。どんなタイプの広告キャンペーンでも、すべてのオーディエンスの中から適切なユーザーをターゲットします。ダイナミックCPMは価格設定が柔軟であるため、広告主は必要に応じてさまざまなタイプの広告キャンペーンを実施し、従来よりも幅広いオーディエンスをターゲティングできます。開始後は各種広告目標に沿って広告キャンペーンを最適化することで、オーディエンスの調整も可能となります。

performance or rendimento

さまざまな価格設定モデルが存在する一方で、広告の目標がROIの最大化であることは間違いありません。しかしそのROIの測定方法は広告キャンペーンタイプや目標によって異なる場合があります。

パフォーマンス低下につながるような広告キャンペーンの調整はお勧めしません。フリークエンシーキャップの変更や、期間限定の広告、またはパブリシャーの排除などはその一例です。リターゲティングはクリックやコンバージョンの数だけを基準にして利用料を支払うサービスではありません。審査を経て広告キャンペーンを承認したり、パフォーマンスレポートを発行することには必ず理由があるのです。

インベントリ購入の場合と同じ仕組みをダイナミックCPMについても適用し、価格設定メカニズムを構築することで広告キャンペーンの目標達成に注力できます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています