ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

ピクセルを有効化する

ピクセルはJavaScriptコードのスニペットで、ページの読み込み速度に影響しないように設計されています。ピクセルについての詳細はこちらをご覧ください。

ピクセルの設置状態を確認する

ピクセルの設置状態は次の手順で確認できます:

  1. オーディエンスタブを開きます。

  2. AdRollピクセルのセクションでピクセルを表示をクリックします。

  3. クッキー同意ツールを未選択の場合はどれか1つを指定し、保存をクリックします。

  4. これで一意のピクセルコードを確認できます。

ピクセルコードは下図のような体裁で、一意の広告主IDとピクセルIDと共に表示されます。

AdRollでピクセルをアクティブ化する

  1. AdRollピクセル(前のセクションを参照)をコピーします。

  2. ウェブサイトのHTMLにある終了タグ</body>のすぐ前、またはサイトのグローバルフッターにコードのスニペットをペーストします。

ピクセルは1回の配置作業でサイトの各ページで作動します。ただしサイトのページすべてにピクセルを配置することが必要です。配置後は、サイトで発生するすべてのアクティビティについてデータの取得が可能となります。

オンラインショップをお持ちのお客様は、買い物かごページや決済ページでもAdRollピクセルが有効化されていることを確認してください。一部のストアでは会計がストアページ以外のドメイン(www.thisisyourdomain.com)で発生する場合があります。その場合はこれらのページにAdRollピクセルを改めて追加する必要があります。

 

外部連携による有効化

AdRollではGoogleタグマネージャやShopify、PrestaShop、WooCommerceなどのプラットフォームとの外部連携を実行できます。連携の操作手順はこちらに掲載しています

お使いのプラットフォームがリストにない場合は、プラットフォームのサポートページを検索してください。

サポートページで解決しない場合は、お使いのプラットフォームのサポートチームにご相談ください。お客様が利用中のプラットフォームをお知らせいただければ、AdRollの外部連携リストに順次追加いたします。

 

 

 

トラブルシューティング

ウェブサイトにAdRollピクセルを設置した後にエラーが発生する場合、こちらの解決法をお試しください

 

訪問者に関する付随データをピクセルに送信する

お客様サイトが訪問者のクッキーデータを収集する場合、追加データとしてAdRoll広告キャンペーンに移行することができます。

以下のJavaScriptをAdRollピクセルの後に設置します。下図の例ではunique_internal_visitor_idがお客様のクッキーデータを表わすコードとなっています。

複数のブラウザでJavaScriptが正しく作動するよう、開発者のコンソールを使ってコードの動作を確認することをおすすめします。動作確認する場合は開発者コンソールで「adroll_custom_data.unique_internal_visitor_id」を作動させます。正しく作動していれば、元のクッキーと同じクッキー値がエクスポートされます。

セットアップが正常に完了している場合は、この値が詳細コンバージョンレポートとAdRoll SQLに直ちに反映されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。