ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

CRMオーディエンス

作成済みの.CSVメーリングリストを使ってCRMセグメントを作成する場合:

  1. オーディエンスタブを開きます。

  2. 新しいオーディエンスをクリックします。

  3. CRMを選択してオーディエンスタイプを設定します。

  4. .CSVファイルをアップロードし、フォームの残り部分に入力します。
  5. 保存します。

メーリングリストをターゲット可能なオーディエンスセグメントに変換する方法はこちらを参照してください。

 

メーリングリストのフォーマット方法

メーリングリストを適切に照合するため、CRMファイルは正しくフォーマットされていることが必要です。

  • ファイルは.CSV形式で作成してください。

  • メーリングリストにはユニークユーザーのアドレスを100件以上登録してください。

  • 全てのアドレスを単一列に入力してください。リストにはマッチングさせるメールアドレスのみを入力し、それ以外のデータは入力しないでください。

  • 空白列を入れないでください

  • 最大ファイルサイズ:10MB

 

ベストプラクティス

CRMデータ組込みの準備にあたり、メーリングリスト作成上の注意点を以下にまとめました。

  • できるだけ個人のメールアドレスをご使用ください。ビジネス用のアドレスは適合率が下がります。

  • メールデータベースを最新の状態にしてください:メールアドレスの有効性確認の手順を登録ワークフローに入れておくと、訪問者が有効なアドレスを入力しているかを確認できます。

  • CRMオーディエンスを他のオーディエンスタイプと組み合わせるとパフォーマンス向上に役立ちます。繰り返しになりますが、広告キャンペーンのオーディエンスが大きいほど、さらに質の高い最適化を行うことができます。

  • 管理アカウントであれば、電話番号も.CSVファイルとしてアップロードできます。電話番号とメールアドレスを同時にアップロードする場合はメールアドレスを先頭列に、電話番号を次の列に入力してください。使用する列は各項目につき1列のみとし、メールアドレスと対応する電話番号を同じ行に記入してください。LiveRamp Connectアカウントはお客様担当のアカウントエグゼクティブを通じて申請してください。

その他の留意事項:

  • CRMオーディエンスは作成後の編集ができません。訪問者総数はメーリングリストに登録されているアドレス数が反映されます。

  • クッキーのマッチング処理は最大で1週間かかります。CRM広告キャンペーンを計画する際にはご留意ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています