広告キャンペーン最適化の仕組み

マーケティング予算を有効に活用する上で広告キャンペーンは適宜、最適化が必要です。AdRollはこれまでの10年間、3万を超えるお客様にご利用いただき、あらゆる規模や業態のビジネスが実施する広告キャンペーンを最適化してきました。このセクションではこれらの経験を踏まえ、最適化のポイントを説明します。

広告キャンペーンの最適化は次の3つを大きな柱としています。

  • 広告キャンペーンの必須事項
  • 毎月のパフォーマンス確認
  • 最適化およびトラブルシューティング
  • 他のツールによる補完

このセクションではこれらの項目についてご説明します。また、AdRoll広告キャンペーンで高い成果を維持し続けるためのポイントについても詳述します。

広告キャンペーンの必須事項

広告キャンペーンに関するタスクをこちらのチェックリストにまとめました。

確認事項 説明
トラッキング ピクセルトラッキングピクセルがオーディエンスを正常にトラッキングしているか確認してください。確認にはAdRollのPixelPal拡張機能が便利です。

コンバージョントラッキングピクセルがウェブサイト全体でアクティブになっていることを確認した後は、コンバージョンが適切にトラッキングされているか確認します。AdRollのEコマース連携を使えば、お客様の手を煩わすことなくこれらのセグメントの自動追加が可能です。また、大きなサイト変更や調整を実施する場合は、コンバージョンが引き続きトラッキングされることを確認してください。
広告キャンペーンの構成 広告キャンペーンをどのように構成するかによって、パフォーマンス目標の達成度に違いが生じます。広告キャンペーンの適切な戦略構築は重要ですが、見過ごされがちです。AdRollが推奨するベストプラクティスはこちらでご覧ください。
目標 広告キャンペーンのパフォーマンスが良好かどうかを判断するためには、具体的な目標の設定が必要です。取り組むべき目標にCPAやROASといった具体的なメトリクスを据えることで、軌道修正を加えながら広告キャンペーンを継続することができます。

毎月のパフォーマンス確認

広告キャンペーンが高いパフォーマンスと健全性を維持できるよう確認すべき事項や、広告キャンペーンの調整時に実施すべき事項をこちらのチェックリストにまとめました。

確認事項 説明
広告キャンペーンのレポート生成 レポート生成の機能を活用して月次レポートをカスタマイズしましょう。また定期的な生成を設定することで、広告キャンペーンを監視できるほか、必要な調整を実行するタイミングを把握することが可能です。定期発行が可能なレポートについてはこちらを参照してください。
広告キャンペーンの最適化戦略 広告キャンペーンの作成時、もしくは既存の広告キャンペーンの編集時には具体的な入札戦略を設定するオプションが設けられ、コンバージョンやクリック、インプレッションを指標に使って最適化することができます。コンバージョンを最大化する場合は自動的に広告キャンペーンを最適化し、コンバージョン数を可能な限り増やします。また具体的なCPAを目標とすることも可能です。これらのさまざまな入札戦略に関する説明はこちらをご覧ください。
オーディエンス規模およびセグメント化 エンゲージメントを構築しようとするターゲットオーディエンスに十分なユーザー数があることを確認してください。またターゲット訪問者と除外する訪問者が適切にセグメント化されるよう注意が必要です。詳しくはこちらの広告キャンペーンのベストプラクティスを参照してください。
広告プレイスメント 広告キャンペーンではリーチを最大化するため、利用可能な広告サイズをすべて活用することが重要です。各種広告サイズについての詳細はこちらをご覧ください。

リターゲティング広告キャンペーンの最適化とトラブルシューティング

ピクセルがアクティブ化され、コンバージョントラッキングが作動中で、広告キャンペーンが適切に設定されていることを確認できれば、良好なスタートを切ることができます。次のステップではよくある問題に対するトラブルシューティングの実行、または広告キャンペーンの最適化といった方法で広告キャンペーンの改善策を検討します。

確認事項 説明
広告

広告クリエイティブを更新—広告の更新を少なくとも90日ごとに実行することをお勧めします。クリックスルー率が低い、または十分な数のコンバージョンが発生しない場合はクリエイティブを更新し、他のデザインによってパフォーマンスに違いが生じるか確認します。

パフォーマンスの低い広告を一時停止—推奨サイズで広告のバリエーションを複数件利用している場合は広告パフォーマンスを確認して、一時停止または削除すべき広告を決定します。インプレッションやクリック、コンバージョンの総数に対する広告の利用料金について検討してみましょう。少なくとも1つの広告サイズは、上述のサポートされたサイズとなるよう注意が必要です。

オーディエンス

ファネルの下部—広告キャンペーンではできるだけファネルの下部や、高インテントのオーディエンス(つまり、買い物かごや閲覧した商品、デモページ等)に焦点を当てることが必要です。

セグメント期間—一般的に、Cookieの有効期間は30日以上に延長することが必要です(ただし正確な期間はお客様のセールスサイクルにより異なります)。目標の達成に近づいている場合は、セグメント期間を延長して他の訪問者にもリーチ可能にすることを検討してください。パフォーマンス目標の達成に届かない場合は、セグメント期間をお客様のセールスサイクルに少し近づけてみてください(例:閲覧した製品を30日間から21日間に変更)。これによって、直近の訪問者に割いているマーケティング活動をターゲットセグメントに振り分けることができます。

他のツールによる補完

訪問者にスムーズなカスタマージャーニーの進行を促すために、ディスプレイ広告キャンペーンと併せて他のプラットフォーム機能を利用することもご検討ください。マルチタッチ戦略を活用することで、それぞれのツールのパフォーマンス効果がさらに高まり、顧客ごとにパーソナライズした広告配信が実現できるようになります。

AdRoll Email

Eメールによる広告キャンペーンはサイト訪問者が長時間滞在する場を使って、彼らの注意を引きます。AdRoll Eメールは強力なリターゲティング技術を効果的なEメール戦略と組み合わせ、動的なEメールを見込み顧客にトリガー配信します。リターゲティング広告キャンペーンをEメールと組み合わせて、効果的に訪問者をコンバージョンさせる方法についてはこちらをご覧ください。

AIを駆使した製品レコメンデーション

製品レコメンデーションは、買い物客が関心を示した、または興味を示しそうな製品を全チャネルで表示することで、購入経路において買い物客に働きかけるツールです。製品レコメンデーションはダイナミック クリエイティブやEメール、オンサイトのカルーセルで表示することができます。製品レコメンデーションは、顧客が広告やEメール、お客様サイトで表示された製品レコメンデーションとエンゲージメントを結ぶため、オンサイトのカルーセル広告でカスタマイズされたユーザー体験を作り出せることを特長としています。製品レコメンデーションの仕組みや設定方法についてはこちらをご覧ください。

Eメールアドレス取得

「Eメールアドレス取得」はお客様サイトの訪問者からEメールのアドレスを取得するツールで、メーリングリストの登録者数を増やし、顧客とのつながりを構築、維持することが可能です。取得したデータはファーストパーティデータとして、潜在的顧客の発掘、および配信リストの増強に使用できるほか、新規顧客を獲得することで収益の増大にもつながります。Eメールアドレス取得をお客様サイトに導入する手順についてはこちらをご覧ください。

高度なトラッキング

高度なトラッキングではクロスチャネルの計測とアトリビューションソリューションを実施し、よりスマートなマーケティング活動の意思決定を実現します。パートナーによるレポートはサイロ化され、他の活動を把握できませんが、ここでは利用中の広告キャンペーンの全データを1か所に集約します。

視点を一本化することで、マーケターはアクティビティの多いチャネルやイベントなどの分析データを入手することができます。また、顧客とのインタラクションが生じたデバイスを購入までのジャーニーと併せて把握することで、活性化しているマーケティング活動を拡大することも可能です。こちらの記事では、高度なトラッキングをお客様のマーケティング特性でどのように活用するかご説明しています。

この記事は役に立ちましたか?