ヘルプ&サポート
お困りのことはありませんか?
まずはこちらをご利用ください。
チケット発行
貴重なご意見をありがとうございました。
入力必須
できるだけ速やかに対応いたします。

インプレッションベースのオーディエンス

インプレッション基準値を設定すると、インプレッションを基にオーディエンスを定義することができます。

Screen_Shot_2017-06-22_at_17.56.51.png 

利用事例

  • シーケンスメッセージの送信:広告キャンペーンごとにターゲットオーディエンスと除外オーディエンスを変更します。例えば、インプレッションを15回以上配信した訪問者にメッセージを表示し、その後の広告キャンペーンでそのセグメントをターゲティングします。
  • シーケンスおよび複合メッセージ:さまざまなオーディエンスにシーケンスメッセージを送信します。例えば「インプレッション10回以上」と定義するオーディエンスに「/orders」を指定します。これによりこのURLを開いたことがあり、かつ10回以上インプレッションを配信したユーザーをターゲティングできます。
  • 詳細フリークエンシーキャップ:広告キャンペーンで一定数のインプレッションを配信したユーザーを除外します。 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。