インプレッションベースのオーディエンス

インプレッション基準値を設定すると、インプレッションを基にオーディエンスを定義することができます。

Screen_Shot_2017-06-22_at_17.56.51.png 

インプレッションベースのオーディエンスの利用例

シーケンスメッセージへの適用

広告キャンペーンごとにターゲットオーディエンスと除外オーディエンスを変更します。実施例として、インプレッションを15回以上配信した訪問者に特定のメッセージを表示し、次に実施する広告キャンペーンでそのセグメントをターゲティングすることが挙げられます。

シーケンスメッセ―ジに複合オーディエンスを適用

シーケンスメッセージは複数のオーディエンスを対象にして送信することができます。例えば「インプレッション10回以上」という定義のオーディエンスに「/orders」を指定します。これによりこの文字列のついたURLを開いたことがあり、かつ10回以上インプレッションを配信したユーザーのターゲティングが可能となります。

詳細フリークエンシーキャップに適用

広告キャンペーンで一定数のインプレッションを配信したユーザーを除外します。 

オーディエンスの除外

広告キャンペーンからオーディエンスを除外すると、そのオーディエンスへの広告配信が停止されます。

オーディエンスを除外するには以下の手順で操作します。

  1. 左側のナビゲーションメニューにある「オーディエンス」でウェブサイトをクリックします。
  2. 除外するオーディエンスを選択します。
  3. オーディエンス設定した広告キャンペーンターゲットのトグルをターゲットから除外に切り替えます。
この記事は役に立ちましたか?